EPS(1株あたり純利益)とは

  • EPS(1株あたり純利益)とは はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

EPSは、Earnings Per Shareの頭文字をとった略語で、日本語では「1株(Share)あたりの純利益」と訳されます。このEPSは、ある企業が発行した株式1株につき、どのくらいのもうけが出ているかを示す数値です。算出方法は簡単で、その株式を発行している会社の当期純利益を、すでに発行済の株式の総発行数で割ると、EPSの値を算出することができます。このとき、「株式の総発行数」は、対象の期間中の発行済株式数の平均値を用います。

EPSの数値は、当期純利益がある場合にはプラスになりますが、赤字で純損益がある場合にはマイナスとなります。単純に純利益の額だけを比較するのではなく、純利益と株式数を利用して算出するため、規模の大きい企業のEPSが必ずしも高くなるわけではありません。投資指標としてもEPSは活用されるため、上場企業は決算報告書にて、自社のEPSの値がどれくらいなのかを記載しなければならないと定められています。

EPSはなぜ投資指標として使われるのか

EPSは、投資指標として頻繁に利用されます。EPSを投資指標とするのは、EPSの数値から会社の株主に対する還元の姿勢を知ることができるからです。EPSは、「当期純利益」と「株式の総発行数」の2つの要素によって決定されます。当期純利益が増加するか、株式の総発行数が減少すると、EPSも上昇します。逆に、EPSの数値が減少するのは、当期純利益が減少するか、株式の総発行数が増加した時です。つまり、EPSの数値が増加を続けているということは、会社が継続的に成長しており、当期純利益が着実に増えていっている、もしくは自社株買いなどを行って株式数が減少しているということになります。当期純利益の値だけでは、増資などを頻繁に行って、株式の価値を下げているのではないか、といったことを知ることはできません。EPSは「株式の総発行数」を用いることによって、株式についての情報も加味した数値になっているのです。

当期純利益の増加はもちろん株主に対しての還元につながります。自社株買いも、多くは自社で株式を購入することによって株式の希少価値を高め、自社の株式の価値を上昇させることを目的として行われます。そのため、EPSが長期的にも上昇を続けていっている会社は、株主に対して積極的に利益を還元しようとしていると予想することができます。

EPSが減少している時には、会社の成長が衰えてきたか、もしくは増資として株式の追加発行などを行ったかの2通りが考えられます。増資を行うと、分母の値である「株式の総発行数」が増加するため、必然的にEPSは減少します。しかし、減少したEPSがいつまでたっても元に戻らない場合には、増資した資本の投入成果が上がっていないという可能性を考えることができます。このように、EPSの値の変化によって、利益をあげることと、株式の価値を向上させることという2点が両立できているのかを知ることができるため、投資指標として活用されます。

EPSを投資に活かすには

EPSは、実際の投資判断を行うときの手助けにもなります。EPSが継続的に上昇している企業は、順調な成長を続けており、しかも自社株の価値を保とうと考えている可能性が高いため、株主に対する還元をしっかりと考えているといえます。2つの企業のどちらかの株式を購入しようと考えている場合に、両者のEPSの経年推移のグラフなどを確認することによって、企業を評価することもできます。

ただし、EPSを実際の投資に用いるときに大切なのが、必ずEPSが年を追うごとにどのように変化しているのかを確認することです。ある1年だけのEPSの数値を見て「EPSの数値が高いからこの会社株式を購入しよう」と判断してしまうのは危険です。なぜなら、EPSの値は子会社の売却・カープアウトや自社資産を売却したときなどにも、上昇するからです。つまり、EPSは、資産の売却といった、企業の成長とは直接的に関係ないことでも増加してしまいます。ですから、EPSの数値は、必ず複数年の推移を確認することが重要になります。

EPS以外の株式指標

EPS以外の関連する株式指標としては、BPS・PERなどがあげられます。BPS(Book-value Per Share)は、一株あたりの純資産を示す数値です。一株あたりの数値を示すという点でEPSと類似していますが、こちらは「その企業の純資産」を株式の総発行数で割るという点で異なります。BPSは、企業の経営がどれだけ安定しているのかを測る指標となります。

PER(Price Earnings Ratio)は株価収益率のことで、株価を一株あたりの当期純利益、すなわちEPSで割ることによって算出されます。逆に、EPSとPERの数値を掛けあわせたものが、株価であるということもできます。PERは、当期純利益が確定する決算発表時に、同時に公表されます。しかし、決算発表前に、投資アナリストなどがそれまでの四半期決算などを参考にして算出した予想PERも存在します。予想PERと実際のPERとの間に差が生じると、成長性を見込まれて株価が上昇したり、逆に落胆が広がって株価が下落したりと、株価に影響をあたえることがあります。

  • 2015 05.21
  • EPS(1株あたり純利益)とは はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。