「IPO株」とは一体なに?

  • 「IPO株」とは一体なに? はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

「IPO」というのは、Initial Public Offeringの略語となります。日本語的には、「新規公開株」や「新規上場株式」となります。さてIPO株とは何かといいますと、簡単に言えばこれから新たに株式市場に上場してくる株式銘柄を指します。IPO株は、基本的にはベンチャー企業や新興企業の場合が多いですが、稀にこれまで株式市場に上場していなかった大手企業がIPO株となっている場合もあります。IPO株は、上場から一定期間、IPO銘柄として扱われます。このIPO株は、以下の様な特徴があります。

  • 抽選により上場前に株式を購入できる。
  • 抽選に当たりIPO株を事前に購入した方は、上場初日までその分の資金(買付余力)が束縛される。
  • 初日に初値が定まるまでは、幅値が決まっていない。(STOP高、STOP安という概念が無くなる。)
  • 初日に初値が定まるまでは、買い手側は指値注文しかできない(成行き注文はできない、ただし抽選で株式を事前に取得している方は可能)

この様に、初日のみIPO株は特有のルールがありますので、IPO株を取引する場合は覚えておく必要があります。

IPO株の仕組みが知りたい

IPO株は、既に上場している株式とやや仕組みが異なります。まず、IPO株というのはこれから新しく上場する銘柄となり、当初は誰でも株式を所有していませんので、そのまま上場しても株式市場で株式売買が行えません。このため、はじめに抽選という形を採り、抽選に当たった投資家達がまずは株を購入します。さて、この際にはまだ株価が付いていないので、抽選に当たった投資家達は目安として定められた公募価格にてIPO株を購入します。その後、予定されている上場日にIPO銘柄が上場してきます。

続いて上場初日にIPO株が上場した際には、初値を決めていきます。初値は、需要と供給のバランスで決まります。初値が決まるまでは買い手側は指値注文しか出来ませんので、この買い手側の指値注文が高くなれば高くなるほど、初値は釣り上がっていきます。(余りに買い手側の需要が高い場合は、初日に初値が定まらない事もあります。)初値が決まった後は、既に上場している株式銘柄と同じ扱いとなります。

抽選で当たりにくいIPO株は?

IPO株は、抽選に応募すれば必ず当選するという訳ではもちろんなく、また中には抽選に応募してもほぼ当たらない様な銘柄もあります。抽選であたりにくいIPO株の特徴は以下の通りです。

  • 注目度の高いIPO株
  • 将来有望な技術を持っていたり、業績が乗りに乗っている様な注目度の高いIPO株は、抽選応募者が殺到しますので当たり難くなります。特にニュースや雑誌で取り上げられている様な銘柄ですと、当選はかなり難しくなります。

  • 利用している証券会社が幹事となっていないIPO株
  • IPO株の上場手配を進めた証券会社を幹事証券会社と呼びます。自分が利用している証券会社がこの幹事証券会社となっている場合は、比較的IPO株が当たり易いです。逆に幹事証券会社でない場合はIPO株は当たり難くなります。

  • 過去の取引実績が乏しい
  • 証券会社によっては、過去の株式取引の実績が大きい大口の投資家や機関投資家に、IPO株を優先して当選させる方針を採っている事があります。このため、過去の取引実績が乏しいとIPO株が当たり難くなる事があります。

IPO株というのは儲けやすい

IPO株というのは、比較的儲けやすいのが一つの魅力でもあります。IPO株は、公募価格を大きく上回らせた初値にする事が一種の風習の様になっています。上場初日はお祭り状態の様になり、投機的な買いも入ってくるため初値が釣り上がる事が多いです。このため、抽選で事前にIPO株を購入し、上場初日の初値で上手く売り抜けられれば利益に繋がる事が多いです。場合によっては初値が公募価格の2倍、3倍の値段となり、大きな利益を得る事が出来る事も。目安としては、過去約7~8割のIPO株が公募価格より高い初値を付けています。

ただし、公募価格より安い初値となるIPO株ももちろんありますし、初値は公募価格を大きく上回ったけれど瞬時に暴落し数分後に公募価格を大きく割るという事もあります。このため、IPO株は儲けやすいもののリスクが全く無いわけではありません。特に初めてIPO株に挑戦する方は、初日の値動きに十分注意を払っておく事をおすすめします。

  • 2015 10.14
  • 「IPO株」とは一体なに? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。