ネット株取引はネット証券で

  • ネット株取引はネット証券で はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

近年の株取引はインターネットを介して行われるのが普通になっています。インターネットでの株取引を始めるためには証券会社に口座を持つ必要があります。その際にはさまざまな証券会社があるので色々な情報を比較しながら証券会社を選んでいくことになります。この際、基本的には手数料の安い証券会社という基準で選んでも問題無いでしょう。このような手数料という視点で考えていくと、いわゆる一部上場の証券会社などは対象としては外れてきます。インターネットで株取引を行う場合はネット証券に口座を持つのが一般的でほとんどのインターネットで株取引を行っている投資家はこのようなネット証券に口座を持っています。

また、この際に手数料という観点で比較して大差がないようなネット証券会社がいくつもあるようならば、そのネット証券会社が提供している株取引ツールなどに着目して選ぶのも良いでしょう。このツールの良し悪しは株取引の効率性を著しく左右するものになります。そして、証券会社を選んだら、実際に口座に入金してそのお金を使って取引を行っていきます。

メリットが多いネット株取引

インターネットで株取引を行うということにはさまざまなメリットがあります。まずは何といっても手軽に始めることが出来るというのが最大のメリットになります。証券会社に口座さえ開いてしまえば、自分が株取引をしたいタイミングでインターネットの株取引の画面に接続して、自分の判断で買い注文・売り注文を出して取引を行っていくことが可能になります。加えてインターネットで株取引を行うことにはデイトレードのような超短期の取引を行うことが出来る、情報をリアルタイムに得ることが出来る、株価分析のためのツールが提供されている、取引手数料が安いといったようなメリットがあります。

まず、デイトレードという株取引の手法ですが、これは1日単位などで株を売買して超短期で利益を出すという手法です。前日などにその企業の株価が上がる要因などをつかんだら次の日の株式市場が開いた段階で購入して、ある程度値上がりしたらその日のうちに売ってしまうといったような手法になります。このような超短期の取引はインターネットで株取引が行うことができる環境が整ってきたからこそ可能になったものになります。

また、情報をリアルタイムに得ることが出きるというのは文字通りインターネット上には最新の株価情報が反映されており、人づてに株価を聞く場合などと比較するとタイムラグがないということです。

そして、株価分析のためのツールが提供されているという点です。この株価分析ツールに関しては各証券会社が力を入れている項目になります。株式投資には株の値動きを分析するためのさまざまな方法があります。例えばファンダメンタル分析、テクニカル分析、ボリンジャーバンドといったような分析方法があります。このような分析の結果がツールを使えば一目瞭然で分かるというのがツールのメリットです。そのため、自分で複雑な計算を行う必要がなくなりました。

最後にインターネット上で株取引が完結し、人件費が不要になるため、株取引にかかる手数料というのが非常に安くて済むというメリットもあります。

ネット株取引の最大リスクはシステムリスク

株取引をインターネットで行うことによるデメリットはシステムリスクがあるということです。例えば、東日本大震災の際のように計画停電が行われて、家が停電してしまいパソコンの電源が切れてしまい、復旧するまでの間に自分が持っていた株が大暴落していたなどということもあり得ない話ではありません。また、何らかの理由でインターネットに接続できなくなり、株価が下落して売りたいのに売り注文を出せず大損をするという可能性もあります。このようなシステムリスクはインターネットで株取引を行う上では避けては通れない問題になります。

また、インターネットによる株取引は基本的に個人が主体となって行っていく方法になります。そのため、専門家のアドバイスなどを受ける機会があまりないため、個人でしっかりと株式投資に関しての知識を身に着けるための勉強を重ねていく必要があります。このようによくも悪くも自己責任の部分が大きくなってくるというのが株取引をネットで行うデメリットになります。

ネット株取引は専用ツールで

インターネット上で株取引をする場合には証券会社が提供しているツールを用いて行っていくことになります。証券会社が提供しているツールにログインしてトップ画面から取引を行っていきます。基本的にはトップの画面に「現物取引」、「信用取引」、「IPO申込」、「先物・オプション取引」、「投資信託」などといった項目がならんでいるため、自分が購入したいと考えている商品の項目において買い注文・売り注文を出すことによって取引は完了します。

また、このようなツールのトップ画面においては自分が証券会社に持っている口座に対して入金・出金のような処理を行うこと、これまでの取引内容をチェックすること、投資に役立つ情報を確認することなどが可能となっています。また、上記の文章において少し触れてきた投資したいと考えている株式に対しての分析処理などもこのツール上の画面において行うことが可能となっています。このようにインターネットで株取引を行う場合にはまずこのツールの使い方をしっかりと覚える必要があります。

  • 2015 10.15
  • ネット株取引はネット証券で はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。