るいとうとはどのような投資なのか?

  • るいとうとはどのような投資なのか? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

「るいとう」の正式名称は「株式累積投資」で、株式投資のやり方のひとつの仕組みです。るいとうという略称が定着し、使用を推奨されているようです。るいとうの仕組みをひとことで言うと、毎月一定額で特定銘柄を購入する、定額でも可能な株式投資、です。1銘柄につき、月間100万円に満たない範囲で、10,000円以上1,000円単位で金額を自由に設定でき、毎月この金額で買えるだけの株を定期的に自動で購入してもらう投資方法です。るいとうのサービスを提供する証券会社は、取扱銘柄を設定し、顧客に投資を呼びかけます。証券会社は、各銘柄についてたくさんの人の資金を管理し、単元株の金額になった時点で共同購入するという仕組みで運営されています。

注意点は2つあります。まずは、るいとうで取り扱える銘柄は証券会社によって設定するため、全ての上場株に投資できるわけではないという点です。投資しようと思っている銘柄を扱っている証券会社を選ぶ必要があります。それから口座管理料がかかることが多いことです。一般的に年間1,500円~3,000円の口座管理料がかかることが多いのですが、最近は無料の証券会社も増えてきたようです。

るいとうで株式投資をするメリット

るいとうのメリットは2つあります。少額で投資できることと、ドルコスト平均法でリスクを分散させられることです。一般的な上場株の売買は、ある銘柄の「単元株」で行われます。この単元株はある条件をクリアすれば発行する企業が自由に設定でき、1株で売買できる銘柄のほか、100株、1,000株単位で設定されているものがよく見られます。同じような株価、例えば250円の2つの銘柄があったとして、A社の単元株が100、B社の単元株が1,000だったとすると、A社の株の売買は25,000円+手数料で行うことが可能ですが、B社の場合は250,000円+手数料となります。単元株が多いと、それだけ原資金を多く用意しなければならないわけです。

るいとうのメリットのひとつは、そのような制約条件をなくし、10,000円から毎月投資ができることです。単元株によっては手を出しにくい大型株にも簡単に投資することができるのです。もうひとつのメリットは、ドルコスト平均法という手法でリスクを分散させられることです。株価は日々変動するため、単元株ごとにまとめて買うと、リスクも大きくなります。値動き次第では大きい儲けがでる可能性がある反面、逆に大きな評価損になることもあります。るいとうの場合、株数ではなく、金額ベースで毎月一定額の購入を行います。株価が高いときは株数が少なく、安いときは株数を多く購入するわけです。

これにより、購入株数が平均化され、るいとうを長く続ければ続けるほど、その期間の適正価格だと思われる株価で投資をしたことになるわけです。

配当と株主優待の関係はどうなのか?

それでは配当や株主優待はどのような扱いになるのでしょうか?せっかく株に投資するのですから、株価の変動によるキャピタルゲインだけではなく、配当金や株主優待も楽しみたいものです。これについては、ご心配なさらずに。

まず配当金についてですが、こちらは持ち株数に応じた金額が配分されたうえで、自動的に同じ銘柄に再投資される仕組みです。100単元株で2,000円の配当が付く銘柄で、今までのるいとうで50株まで買い進んでいる場合、1,000円はあなたのものですよね、再投資しますね、という考え方です。株主優待についても納得の仕組みと言えます。るいとうによって毎月積み立てていくうち、購入した株数が単元数に達した場合、自動的に株主名簿に載せてもらえます。名実ともに「共同出資者」ではなく「株主」になれるわけです。これにより、ある日株主優待の権利が発生し、優待券や優待商品が送られてくることになります。るいとうの条件は、単元株で売買するときと比べ、メリットこそあれ、まったく遜色ないものだと言えます。

るいとうを始めるには?

るいとうの取引開始の流れは簡単です。まず、るいとうを扱っている証券会社を探します。次に、その証券のうち、自分が投資したい銘柄を扱っているところを探すだけです。その後は資料請求した上、口座開設の事務手続きを進めます。るいとうは定期的な投資となるため、積立金としてプールした資金を予め入金しておく必要があります。

この積立の方法はいくつかあります。MMF(マネー・マネージメント・ファンド)やMRF(マネー・リザーブ・ファンド)という形で証券会社の口座にリザーブし、そこから毎月引き落としてもらうのが一般的ですが、最近は指定した銀行口座から直接自動引き落としで積み立てられる証券会社もあります。引き落とし手数料は無料であることが多く、大変便利な方法と言えます。

積み立てたるいとうを売却するのも簡単です。売却を指定すると、その注文を出した翌営業日の寄り付き値で売ることができます。単元株とは違い、好きな株価で指値注文することはできませんが、この価格帯であれば売りたいというタイミングで注文を出せば、それほど大きな違いがなく売却できる可能性が高いと考えられます。

  • 2016 03.04
  • るいとうとはどのような投資なのか? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 01.01

    投資信託とは

コメントは利用できません。