株を始めるためにはどうしたらいいか

  • 株を始めるためにはどうしたらいいか はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

近頃はアベノミクス相場で株が大ブームになっています。しかし、どうやったら株取引が出来るのでしょうか。それをわかっていない人の為に、株取引のやり方をこれからご説明します。

まず、株を始めるためには口座を開設する必要があります。口座を開設するためには、証券会社に口座開設資料請求をして、その後必要書類を証券会社に送る必要があります。(必要書類は口座開設資料請求をすると一緒に送られてきます)その時に本人確認書類も同時に送る必要があります。どの書類が本人確認書類になるのかについては証券会社によって多少の違いがありますが、パスポート、運転免許証のコピーはどこの証券会社でも本人確認書類として使うことが出来ます。逆に住民基本台帳カードは使えるところと使えないところがあります。近頃話題になっているマイナンバーカードは、本人確認書類に使えるところが増えてきているので、そのうち免許証のコピー同様本人確認書類として使えるようになるでしょう。

また、2016年から口座を開設する場合は、マイナンバーを証券会社に提出する必要があります。今口座を持っている人も2018年末までにマイナンバーを提出しなくてはなりません。本人確認書類を同封して書類を提出したら、後は証券会社から書類が返送されるのを待つだけになります。1週間ほどすると会員IDやパスワードなどが同封された書類が返送されるので、そのIDとパスワードを使って証券会社のサイトにログインして手続きをすれば口座開設は完了です。口座開設自体は非常に簡単に出来るので、何も考える必要はありません。考えるべき事があるとするなら、それはどの証券会社を選ぶのかという事です。次に、証券会社を選ぶポイントを紹介します。

証券会社を選ぶポイント、それは手数料の安さです。

証券会社を選ぶポイント、それは1にも2にも手数料の安さです。証券会社には大手の総合証券会社と新興のネット証券がありますが、よほどこだわりがない限りネット証券を選んだほうがいいです。その理由はひとつ、ネット証券は総合証券会社とは比べ物にならないほど、手数料が安いからです。手数料が5倍、下手すると10倍違います。なので、ネット証券の中から、証券会社を選ぶことになります。ネット証券の中でも競争があるので、手数料が発生する条件や、手数料の金額に違いがありますが、それは正直誤差の範囲です。なので自分の好みで証券会社を選んでしまってもかまいません。ただ、IPO(新規公開株)をはじめるつもりなら、IPOに強い証券会社を選んでおくべきでしょう。IPOの抽選に当たるかどうかは、どこの証券会社の抽選を受けるかで決まるといっても過言ではありませんから。IPOに興味がないのなら、どこのネット証券を選んでもいいです。

証券会社に資料請求する方法

次に、証券会社に資料請求する方法を詳しく説明します。と言っても、これは簡単です。ネットで口座を開きたい証券会社のサイトを見ます。次に口座開設のリンクへ飛んで、最後にそのリンク先で必要な情報を入力すればいいだけです。あとは数日から1週間で家に資料が届きます。もし何らかの理由でネットからの資料請求が出来ないのなら、その証券会社に電話して必要な情報を教えれば家まで資料を郵送してくれます。

ちなみに、家にプリンターがあるなら資料請求をせずに必要書類をこちらで印刷して、その後本人確認書類を入れて証券会社に郵送する方法もあります。印刷した書類に不備がなければ、この方法でも口座開設が出来ます。この方法だと、こちらが証券会社に書類を送ってから1週間強で口座開設が出来るので、早く口座を開設がしたいなら、こちらの方法がオススメです。どの方法を選んでも、しばらくすると証券会社から必要書類一式をまとめた口座開設キットのようなものが送られてきます。ここからが株取引のスタートです。ただ、証券会社によって使い勝手やサポート体制が微妙に違うので、そういうものにこだわるなら、これといった証券会社にめぐり合うまで、証券会社を次々と変えていくのも手かもしれません。

口座へ入金するには2つの方法があります。

口座開設キットが送られてきたら、次に証券会社のサイトにある株取引システムにログインします。ログインするために必要なものは、すでに口座開設キットのなかに入っています。それを使って株取引システムにログインしたら、次にする事はお金の入金です。これは証券会社から特定の口座を指定されますから、そこに入金すればいいのです。入金手続きそのものに変わった点はありません。通信販売で買った商品の代金を入金するのと基本的には同じです。後は翌日になれば、入金した額と同じ額が証券会社の口座に入っているので、それを元手に取引を開始すればいいのです。

これが基本的な入金方法ですが、他にもクイック入金というものがあります。これはタイムラグなしに即座に入金手続きが完了する便利なもので、振り込み手数料もかかりません。これが使えるネット証券は限られていますが、もし使えるのなら損になることはなにもないので、クイック入金を使える環境なら積極的に使ったほうがよいでしょう。

  • 2016 02.25
  • 株を始めるためにはどうしたらいいか はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。