証券取引所の取引時間

  • 証券取引所の取引時間 はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

証券取引所で株の売買ができる時間は、平日の朝9時から11時30分までを午前中の取引という意味で前場といいます。また、午後は12時半から午後3時までとなります。また先物取引に関しては夕場という取引が存在しそれが午後5時から翌朝4時まで売買ができます。この先物取引に関しては東京証券市場を世界的に利用をしてもらおうという政府の配慮から登場をしました。IT革命以降、世界の取引所は先物に関しては24時間取引が通常の取引となっており、この先物が取引ができる時間帯は今後も延長されることと思います。

昨年、東証は各証券会社に東証を24時間営業にすることを提案をしましたが業界内の反発が強く頓挫をしています。今の東京市場はシェアをアジアナンバー1市場したい意向はあるのですが各証券会社はコスト増を理由に反対をしています。参考までにアメリカ、ニューヨーク証券取引所は個別銘柄の売買も夜間取引にてできるようになっており、先物は24時間取引になります。

売買が活発になる時間帯

売買が活発になる時間というのはたいていの場合決まっています。一日でみた場合は一番出来高が多いの朝一番の寄付きの時間帯になります。これは通常の取引者は朝一番の注文でたいていの注文を出していますので、当日の朝一番が一番大きい商いになります。しかし、今のように年金機構が大引けにかけて株価を吊り上げるために大引けにかけて買ってくることもありますので今は大引けが多いときもよくありますが、こういった特殊な事情が無い限りは大概の場合は朝一番の注文が一番多くなります。その後、前場引け、後場寄りという順番に商いが活発になります。

これは世界の証券取引所どこでも同じ傾向にあり日本だけの特殊事情ではありません。世間ではデイトレや超高速取引、いわゆるHFTと呼ばれますが、この商いはそれほどでもありませんが、取引量増加には大きく貢献をしています。将来的にHFTが普通の商いを超すとも言われていますがはたしてどうでしょうか?

取引予約は24時間可能

いわゆるFXなどはこのIT革命を経て24時間取引が可能です。もちろん、夜間取引という選択肢も可能ですがこういった取引を行うと商いが閑散となる可能性があり深夜や夜中に値段が大きく動く可能性があります。もちろんマーケットの中で、一番取引が多いのは通貨市場になりますので通貨市場には滅多にこういうことは起こりませんが、参考までにFXは仮想市場であって現実の市場ではありません、株式市場は銘柄によって急騰したり、急落したりと忙しい市場になる可能性が高いのです。

しかし、投資家は店頭取引、インターネット取引に関わらず、自分の買いたい値段を1週間にわたって指定できるという指値注文が存在をします。その場合、証券会社に買いたい値段と株数を注文をします。値段は現在の株価が100円の場合、1円で買いたいという指値を出しても大丈夫です。しかし、その注文は1週間しか有効ではないことに注意をしてください。金融庁の指導では指値注文の最大の期間は1週間にするようにという通達を出していますのでその指示に従う証券会社は多いと思います。なぜなら1週間以上の注文は顧客とのトラブルが続出しがちだからです。

  • 2016 01.21
  • 証券取引所の取引時間 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。