株取引には手数料が必要

  • 株取引には手数料が必要 はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

株取引をこれから始めようと思っている方のために、この記事では株取引にかかる手数料について説明します。株取引を行うためには、様々な場面において手数料が必要となります。そのため、投資を行う際は手数料についてもよく考慮する必要があります。場合によっては手数料分損をしてしまうということも考えられますので、しっかりと理解を深めたうえで株取引を始めるようにしましょう。

数料は会社ごとに異なっており、さらに同じ会社であってもサービスの違いなどによって手数料は変化します。他の要素も含めて自分にあっている会社を選ぶことが最も重要ではありますが、手数料はできる限り安く済ませたいものですね。後に詳しく説明しますが、手数料を安く済ませるためにはネット証券のご利用をおすすめします。

店舗を持ち、営業の方とのやりとりなどがしっかりと行える「総合証券」は人件費等の関係もあり手数料が高くなってしまいますが、ネット上で自分で手続を行う「ネット証券」ならば手数料は10分の1以下に抑えることも可能です。それでは、まずは株取引にかかる手数料の種類について紹介したいと思います。

手数料がかかる手続きの種類は?

株取引に必要な手数料は沢山存在しますが、まずは口座の開設手数料や、口座維持手数料が挙げられます。これらは総合証券やネット証券を問わず無料の場合もありますので、ご自身の検討している会社はどうであるか、しっかりと確認しておきましょう。

そして、証券会社の口座にご自分の銀行口座から取引の際の必要額を振り込む際にも手数料がかかります。こちらも一定額以上を入金する場合や、提携している銀行から口座に振り込む場合などに無料となる場合がありますので、入金前に確認しておくことをおすすめします。そして一番頻繁に支払うこととなる手数料は、株式売買時の手数料です。株式の注文が確定した際に、手数料が必要となります。この手数料は会社によってまったく異なる金額となることが特徴です。例えば10万円以下の注文である場合も、数千円の手数料が必要となる会社から、数百円程度、さらには無料の会社まで幅広く存在しています。この他にも株式の入庫や出庫、また出金などに手数料が必要となります。

総合証券とネット証券の手数料の違いは?

これまでも度々述べてきましたが、総合証券とネット証券の手数料には大幅な差があります。例えば総合証券の株式売買にかかる手数料は数千円ですが、ネット証券の手数料は高額の支払いである場合も数百円程度の場合がほとんどです。

この他にもネット証券の場合は、口座開設料や口座維持手数料は無料、入出金も無料、株式の入庫や出庫も無料である場合が多くなっています。これはなぜかというと、総合証券の場合は取引時に相談を行うことができる証券マンや自分で出向いて相談や様々な手続きを行うための店舗があるため、その人件費や諸費用がかかっているということが大きな理由として挙げられます。手数料が高いことで、総合証券で株取引を行うことは一見損に感じられるかもしれませんが、人と直接やり取りをできるという点ではネット銀行よりも安心です。大きな金額のやり取りが多い株取引ですので、総合証券で取引をすることで安心して取引ができることは十分なメリットとなっているのではないでしょうか。

反対に、取引について誰かと相談はせずに全て自分で検討し、手続きもしっかりとできるという方であれば、ネット証券がおすすめです。証券マンとのやり取りなどはわずらわしいという場合は、ネット銀行がおすすめです。なんといっても手数料が安いため、まずはネット証券で少額取引から始めてみるのも良いかもしれません。

最後に、手数料の安い証券会社について述べてこの記事を締めさせていただきたいと思います。

手数料が安い証券会社は?

手数料が安い証券会社についていくつか候補を挙げます。ネット銀行は基本的に手数料を安く済ませることができますが、自分の取引の傾向などを想定することで、ご自身にとって一番安い証券会社を見つけることが重要です。

松井証券は、10万円までの株式売買にかかる手数料が無料であり、30万円以下であれば300円、50万円以下ならば500円、そして100万円以下は1000円となっています。20万円以下の取引を行う場合は、松井証券がおすすめです。10万円以上の取引を頻繁に行う場合は、ライブスター証券がおすすめです。180円の手数料で、安く取引を行うことができます。さらに、100万円までの取引の場合も340円と、非常に安い手数料となっています。

そして、一日に何度も取引を行う場合は、SBI証券がおすすめです。これまで述べてきた会社の手数料は1つの注文ごとに必要となる手数料ですが、SBI証券では「アクティブプラン」と呼ばれる、「1日」ごとの約定代金ごとに手数料がかかるプランが通常のものとは別に存在しています。1日の約定代金が10万円以下であれば税込み103円、50万円以上100万円以下の場合は822円と、場合によってはとても安く取引を行うことができます。自分の取引形態を考慮し、手数料を安く済ませることで、お得な取引を行いましょう。

  • 2015 05.21
  • 株取引には手数料が必要 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。