株で損失が出る仕組みとは?

  • 株で損失が出る仕組みとは? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

株式取引とは本来利益を追求して行うものです。だれしも自分の大事な資産を増やすために投資をするわけですよね。でも、その一方で損失を出さない取引を行うということはまず不可能です。株価はあなたが買った値段から上がることもあれば下がることもあるのです。ですので1回1回の取引結果に一喜一憂するのではなく、トータルで最初に投入した金額よりどれだけ増やせるかを考えて行動をすることが、投資活動においては最も重要なのです。

株式取引で損失が出るのは、自分の買値より株価が下がってしまった場合です。もしくは、信用取引で空売りをしている場合には、自分の売値より株価が上がってしまうと損失を出すことになります。どちらの場合も、当然決済をしないかぎりは「含み損」と呼ばれる口座の数字上での損失にすぎません。ですが、この含み損を抱えたまま「きっともう少し我慢すれば上がる(下がる)だろう」という希望的観測のみで損切りを先延ばしにすると、余計に損失を拡大させてしまうという結果になるのです。

いかに損失を受け入れることができるか、そして損失以上に利益を出せるような取引ができるかということが、投資で成功するかどうかの分かれ道と言えるでしょう。

株で損をしやすい人の特徴

このように、株式取引をする以上損失は避けては通れません。どんなに熟練した上手な投資家であっても、取引の中に損失は必ずあるのです。ですが、その一方で、結果的に損失となる取引の多い人というのがいるのも事実です。損を出しやすい人の特徴をいくつか挙げてみましょう。

まずは、買うにしても空売りをするにしても、そのエントリーの根拠があいまいであるということです。上がってきたから買った、いくらなんでも下がりすぎていると思うから買った、急騰しすぎているから空売りしたなど、明確な基準がなく「上がっている気がする」「下がりすぎな気がする」という感覚だけでエントリーをすると、多くの場合は失敗します。エントリーの根拠があいまいであるため、損切りラインもあやふやになり、損失が大きくなっていくのです。

また、感情にまかせてエントリーするという特徴もあります。急騰している銘柄などでよく見られますが「ここで買わないと置いていかれてしまう」という感情に飲まれてしまい、結果高値でエントリーしてしまうのです。たいてい買った値段が天井で、その後株価は急落して泣く泣く損切りをするという結果になりがちです。取引において自分の感情をコントロールできない限り、同じような状況で同じようなエントリーを繰り返してしまいがちです。

損失を拡大して大損してしまう心理とは?

株の取引において損失とは必要経費です。ある程度の損は経費と割り切って、トータルで利益を出せるように手法を磨いていくのが賢明なのです。しかし、頭では分かっていてもできないことが多いのも事実でしょう。これは、人間の心理的な部分が関係しています。行動心理学における「プロスペクト理論」というものがあります。一言で言うと「人間は利益を得ることによる満足よりも、損失を被ることによる苦痛のほうが大きく感じる」というものです。つまり、人間は損失を必要以上に恐れてしまう傾向が強いのです。これが損切りを躊躇させる一番の心理なのです。

例えば、買った株が値下がりして含み損の状態になったとします。ここで損切りをしてしまうと「損失」が確定してしまうため、それを恐れて損切りができなくなってしまうのです。損失を確定させるよりも、そのまま保有し続けて含み損が解消するのを待とうとするわけです。思惑どおりにその後株価が上昇していけばよいのですが、逆に下がり続けると今度は「ここまで粘ったのだから、今さら損切りなんてできない」という心理が働き、さらに損失を拡大していくことになります。いわゆる「塩漬け株」の出来上がりです。

こうした心理が働くのは、人間である以上仕方がないことです。では、このように大損をしてしまう心理から解放されるにはどうしたらよいのでしょうか。

大損しないために必要なこと

損を損としてしか捉えることができないと、人間の心理的にどうしても「損切りしたくない」方向に気持ちが傾いていってしまいます。なので、やはり「損切り分は必要経費」と頭に叩き込むことが、大損しないための一番の近道でしょう。

最終的に利益が損失を上回れば、あなたの投資は成功なのです。10回小さな損切りを繰り返しても、1回大きな利益をとることができればトータルでプラスにすることは可能なのです。そのくらいの気持ちで、しっかりと損切りのルールを作って機械的に粛々と取引をしていくべきなのです。

また、エントリーの根拠もしっかり持つことが大事です。というのも、エントリーに根拠があれば、損切りの根拠も明確になるからです。なんとなくエントリーした場合には損切りラインもあやふやになり、結果ダラダラと下がり続ける株を持ち続けて大損する羽目になってしまいます。

自分の欲望や期待で売買するのではなく、試行錯誤を繰り返しながらマイルールを確立し、そのルールに従って取引を重ねていくことが大切でしょう。

  • 2015 08.09
  • 株で損失が出る仕組みとは? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。