ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析について

  • ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析について はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

株と言うものは何の知識もなくても勘で売買する事が出来ます。しかしそれは徒手空拳で戦車に挑むようなもの、株で儲けようとしたらそれ相応のテクニックや知識がいります。これから、それらの知識やテクニックについてご紹介します。株取引にはいくつもの取引手法や分析手法がありますが、その中で特に有力なのはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析です。

簡単に説明するとファンダメンタルズ分析は分析の王道で、戦いに例えるなら敵を分析して正面から総力戦を挑む、そんな感じの分析手法です。逆にテクニカル分析は分析の奇道で、戦いに例えるなら敵の動きを予測して背後から奇襲する、そんな感じの分析手法です。どちらの分析が上と言うわけでもありません。ただ株式市場という戦場において、立ち回り方が違うだけなのです。ファンダメンタルズ分析は会社の業績や決算書の価値を見て将来の株価を予測する方法なので長期投資に向いています。それとは逆に、テクニカル分析は株価のチャートを見て、これから先のチャート(株価)を予測する方法なので短期投資に向いています。この2つの手法、まったく株価の分析方法が違いますが、まずはファンダメンタルズ分析から説明させて頂きます。

ファンダメンタルズ分析は長期投資に向いています。

ファンダメンタルズ分析は、売り上げなどの企業業績、そして財務諸表を見てその企業の本当の価値を分析し、それを元に株を買うかそれとも売るかを決める投資法です。この分析は、株価は本来の企業価値を表す数値に過ぎないので、何らかの事情で株価が乱高下しても最後には収まるべきところに戻る(つまり企業価値同様の株価に戻る)という考えをもとにしています。

なのでファンダメンタルズ分析をするには企業の価値を見定める分析眼もさることながら資産と負債、資本などの経理の知識が必要になります。その会社の売上高、経常利益、原材料費に広告宣伝費といった情報をよく読みこんで、会社の過去のデータと照らし合わせて未来の業績を予測し、(そこまでしなくても今の業績を読み込むだけでも効果はあります)そして今、その会社の株が割安なのか、それとも割高なのかを判断するのです。色々と面倒くさい分析法ではあるのですが、基本的に株価は会社の実力を反映するので、この分析を使って割安の株を買っていけば、(分析が間違ってない限り)損はしにくくなります。長い目で見ながらじっくり投資がしたい人は、このファンダメンタルズ分析を覚えておくと役に立つでしょう。

ただ、この分析法はあくまで長期投資向けで、短期にさくっと儲けたい人には向いていません。そういう人は勘で投資をするしかないのでしょうか。そんなことはありません。そういう人の為にテクニカル分析があります。

テクニカル分析は短期投資に向いています。

テクニカル分析は細かい流派がいくつもありますが、要するに過去の株価チャートを見てこれからの値動きを予測し、これから株価が上がると思ったら買い、下がると思ったら売る方法です。このテクニカル分析はチャートを見て全てを決めるので、財務諸表などを見たりする必要がありません。つまり企業の実力とかそういうものとは関係のないところで株取引を行うので、よりテクニカル(テクニックがいる)なのです。先にも書いたようにこのテクニカル分析にはたくさんの流派がありますので、どれが自分に向いているのか分からない人は、かたっぱしから試してみるのもよいでしょう。ちなみにテクニカル分析とファンダメンタルズ分析を併用する事も出来ます。その場合はファンダメンタルズ分析で割安な株を買い、その後でテクニカル分析を使って売り時を見極めるのです。

テクニカル分析はチャートを見て手法を覚えて、あとはそれをコピーすればいいだけだから簡単と思われる方もおられるかもしれませんが、それは違います。株価は長期的に見れば企業の実力に比例した値動きをします。しかし短期的な値動きは誰にも予測できません。なのでテクニカル分析があるのですが、これを上手く使って儲けるのは難しいです。(企業の実力とは関係のないところでチャートと法則を頼みに投資をするので、素人には荷が重いということです)一度やってこれは難しいと感じた人は、素直にファンダメンタルズ分析から始めた方がよいでしょう。

ボリンジャーバンドを使えば素人でもそれなりの投資が出来ます。

最後にボリンジャーバンドと呼ばれるテクニカル指標を利用した投資法を紹介します。ボリンジャーバンドとは株価の移動平均線の上に2本、下に2本線を引き、その線を元に株価の高低を判断する方法です。ジョン・ボリンジャーという人が考えたので、この名前がつきました。このボリンジャーバンドがなんなのか、どういう計算をもとに作られているのかは非常に複雑なのでここでは説明しません。このボリンジャーバンドの優れている点は、株価が2本目の上線、もしくは下線を突破する可能性はわずか5%しかないこと、そして株価が1番目の上線を突破する可能性は、(あるいは1番目の下線を突破する可能性は)32%しかないことです。この数字自体は統計的に証明されているので間違いありません。

なのでこの線を目安にして、今は安値圏にあるのか高値圏にあるのか判断して投資をすれば、初心者でも投資がやりやすくなります。もちろんこれは統計的確率に過ぎないので、ボリンジャーバンドの上限、あるいは下限線を突破されて損をする事はありますが、それでも素人が勘で投資をするくらいなら、このボリンジャーバンドを使って投資をした方がよっぽどよいでしょう。

  • 2016 01.21
  • ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析について はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。