株式投資には利益確定が重要です

  • 株式投資には利益確定が重要です はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

株式投資を行う上で、長期保有をするのでなければ利益確定が重要となります。購入した株式が首尾よく値上がりしていると、含み益となります。けれどもそのまま保有を続けていても、資金は増えることはありません。もちろん、配当や株主優待を得ることはできます。けれども値上がり益は時として、それ以上の利益を生み出すことになります。売却せずにそのまま保有を続けることで、その後値下がりに転じることもあります。頃合いを見計らって利益確定をすることは非常に重要というわけです。

また、その利益確定によって現金化することによって、さらに次の銘柄を購入する資金を得ることになります。また、株価は上下動を繰り返すために、利益確定の後に値下がりに向かうこともあります。その場合には、同じ株式を安く購入し直すことも可能となります。つまり、買い増しをすることができるわけです。その意味で言えば、長期保有を行う場合でも、一旦利益確定することによって持ち株を増やしていくことができるわけです。次の投資機会を得るためにも、一度現金化することは大切です。その上で新たな銘柄を選んだり、あるいは値下がりを待って安く買い直すことができるようになります。

利益確定は精神的な勝負となります

保有する株式が含み益となっている場合、どこで利益確定を行うか迷うことになります。そのまま保有し続けていれば、もっと値上がりするのではないかと思うわけです。あるいは逆に反転して値下がりする可能性もあります。そこで判断材料を得るために、ニュース探しを行うことにもなります。まだ相場は強いのか、それともいつ天井をつけるのかを見定めたいというわけです。また、過去に利益確定を行ったあとにさらなる値上がりを見て悔しい思いをしたならば、なおさら慎重になって精神的なプレッシャーを感じるようにもなります。少しでも高値で売りたいという希望を持つことが理由となります。つまり、利益確定は精神的な勝負とも言えるわけです。

けれども、実際のところ天井で売り抜けることはほとんど不可能と言えます。天井をつけたと確認できるのは、下げに転じた後だからです。そこで必要なのは、頭と尻尾は手に入れようとしないことです。つまり、底値で買って天井で売ることは考えないということです。そうすれば悔しい思いもせずに済みますし、精神的な重圧から解放されることになります。また、保有株全てをいっぺんに売るのではなく、少しずつ利益確定するテクニックを磨くのもひとつの手段です。

利益確定と損切りに関すること

保有する株式を手放す手段はふたつあります。利益確定と損切りです。判断を先送りにして保有を続けることにより、大きく含み益を増やす可能性もありますし、逆に含み損を増大させるリスクもあります。どちらを取るかに関しては、株式投資の基本が役に立ちます。つまり、リスクは最小限に抑えるということです。もし保有する株が値下がりしているのであれば、まずは損切りを考えることが必要となります。あるいは買い注文をする時点で損切り注文を入れておくと心理的に楽になります。

その後、予想通りに値上がりしたとすれば、損切りラインを切り上げることもできます。そのまま売却ラインを高値更新と共に切り上げていけば、それは損切りではなく立派な利益確定ラインの設定となります。つまり、いつ売却すれば良いのか迷うことなく、利益確定の注文を出すことになります。けれども最初に損切り注文を出しておかなければ、値下がりの局面で迷いが出ることになります。損失を確定することを恐れて、値下がりするのをただ見ているだけの塩漬け状態にもなりかねません。あるいは上昇局面で欲が出て、つい売りそびれる中で反落することにもなりかねないものです。

株を売るタイミングの考え方について

株を売るタイミングの考え方は色々とあります。少しでも利益を増やすために、保有株全てを天井でいっぺんに売りたいと思う人もいます。あるいは相場の動きに合わせて少しずつ売却するのもテクニックのひとつです。所詮天井を狙うことは難しいために、天井付近で少しずつ売り抜ける技術を身に付けるというのも売るタイミングの考え方のひとつとなります。

あるいは、チャートの動きを参考に判断するのもひとつの考え方です。トレンドラインを引いて、それを割り込めば反落したと判断するものです。これは天井をつけたことを確認してからの売却となります。考え方はそれぞれですが、いずれにしてもテクニックが必要となるのは間違いありません。そして少しでも利益を増やそうとする理想は置いておくことが必要です。それよりも何ができるのかを考えることが必要です。含み損となったならば、そのポジションにしがみついたり、あるいは一発逆転を狙うよりもすべきこと考えることが必要です。株式投資には必ず、リスクが伴うものです。大切ななはその損失を最小限に留めるための損切りを行い、次の機会を活かすことです。売りとはその機会を得るために必要なものだと理解することが大切です。

  • 2015 02.19
  • 株式投資には利益確定が重要です はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 01.01

    投資信託とは

コメントは利用できません。