「株式を持つ」ことが意味するもの

毎日ニュースで目にする「株価」。これで多くの人が一喜一憂し、この上下が国全体の経済にも影響を及ぼしています。何となくわかったようでいて、その実いざ正面切って「株とは何?」と聞かれると、胸を張って応えられる人は多くはないのではないでしょうか。まず、株式を購入することは、その株式会社の社員となる、ということです。「社員」と言っても、その会社で働くという意味ではなく、経営に参加する会社の構成員のことを指します。(通常私達が「社員」と呼んでいるのは「従業員」のことです。)ですから、株式とは株式会社に対する出資の一つの形態ということになります。

社員は経営に関する「議決権」を持つことになりますが、1人1票の選挙権と異なり、株式を多く持っている「社員」がよりより大きな決定権を持つことになり、その株式会社が発行している株式のうち、51%を取得すれば完全にその企業を支配できることになります。株を購入した社員は、「有限責任社員」に分類されます。これは、その会社がいかに巨額の損失や負債を負っても、責任を取らなければならない上限は出資額であることを表します。反対に個人事業主に代表される「無限責任社員」は、企業の負債に対して無制限の責任が生じることになります。

株式の値が上下するのはなぜ?

株式会社は、株式で出資した「株主」に対して事業で得た利益の一部を「配当」として分配します。どのくらいの割合で配当を行うか、ということは株主総会で決定されます。企業の業績が良い場合は当然配当は高くなります。逆に業績が不調な場合や赤字の場合は配当がなくなる(「無配」と呼びます。)可能性があります。このことから株式は有価証券とみなされ、譲渡することや証券会社を介しての売買が可能です。業績が良い企業の株式は高い配当が見込まれ、多くの人が買うことを希望するので値段が上がります。無論、業績の悪い企業の株式はその逆となります。この市場原理が株価を決定するわけです。倒産や解散をした企業の株式からは、もはや配当を受けられる見込みはありませんから、全くの無価値となります。

さて、株式はどうやって買えばいいのでしょうか。それにはまず証券会社に「証券口座」を開かなければなりません。これは0円からでも開くことができますが、証券会社によっては「口座管理料」が必要な場合もあります。次に銀行や郵便局から証券口座にお金を振り込んで準備は完了です。あとは買う株を決めて証券会社に注文をするのです。以前は紙で出来た「株券」がありましたが、現在では完全に株券電子化がされているので、実物にはお目にかからなくなりました。

企業にとっても株式が重要である理由とは

もし独力で起業しようとすれば、資金を自分で調達しなければなりません。業績もない状態では銀行がすんなりとお金を貸してはくれません。そこで株式を発行することで、不特定多数の人から資金を集めようというのです。投資してくれた見返りとして、先程も書きましたが株主に「配当」を出すというわけです。では、企業にとっては投資してもらったら株式の役割は終わるのでしょうか。実は、2次的、3次的にその意味は派生していって企業に利益をもたらす場合があるのです。まず、自社株を持っていると、業績が好調な場合株価が値上がりしますから所有する資産価値が上がることになります。次に、株式市場から自社の株を買い戻す「自社株買い」という行動のもたらすメリットです。投資家にとっては「自社株買い」を行う企業は、業績もよく株主の利益になる行動を取る企業として評判が高くなりますが、その理由がいくつかあります。

まず、自社株買いを行うと市場に出回る株式総数が減少するので、株式の価値は相対的に上がり、株主に利益をもたらします。また、買った自社株を従業員に一定の価格で販売する企業も少なくありません。このような仕組みを従業員持株制度(ストックオプション)と呼びますが、株を買った従業員は自社の業績が上昇すれば自分の資産も増えるので、勤労意欲の向上につながるというわけです。加えて、企業が自社株を多く持てば、誰かが経営権を手に入れる目的で株式を買い占めるという「敵対的買収」への防衛策にもなるので、そういう面でも企業の評判は高くなるのです。

目的による株式を使い分け-リスクを避けて利益を得る。

株式投資を行う人の収入は、「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」に大別されます。前者は株を保有していることによって企業からもたらされる配当(多くは現金)のことで、後者は株式の売買によって得る利益のことです。外国ではほとんど見られない、日本特有の「インカムゲイン」としては、「株主優待制度」があります。一定以上の株主保有者に対して、自社製品を提供したり、自社製品購入に際しての割引券などを贈る制度です。とある深夜番組で、この株主優待で生活のほとんどをまかなう投資家が取り上げられたのでご記憶の方もいるかもしれません。

さて、投資には当然リスクはつきものですが、株式投資の場合はその運用によってリスクを減らすことができるのです。リーマン・ショックのように、株価全体が暴落する場合を除いて、業種が異なる複数の企業の株式を保有しておけば、景気変動や突発的な出来事である業種の株価が下がったとしても全体的には利益は確保できるのです。更に、「インカムゲイン」を目的とした長期にわたって持つ株式と、「キャピタルゲイン」狙いで比較的短期間で売買する株式の両方を持っておくことで長い目で見れば利益を得続けることができるのです。

RETURN TOP